視力回復の為に食べ過ぎてはいけない食べ物にも注意|眼病予防ブログ

視力回復の為に食べ過ぎてはいけない食べ物にも注意

視力
一度落ちてしまった視力を回復させるのは治療を受ける以外不可能だと思っている人もいるのですが、実はそうではありません。

 

視力の低下には眼精疲労が大きく関わっていることが多いのですが、それは日頃目を酷使していたり、目の周りの筋肉が疲れていることによって起こるのです。

そのためこの眼精疲労を和らげるだけでも多少なりとも視力回復させることが可能なのです。

 

一番効果的なのは目を温めてたりマッサージをすることで筋肉をほぐしてあげることですが、実は日頃の食生活からも改善できるのです。

 

私たちの体を作っているのは食べ物です。そのため目にいいものを食べればそれだけ目に栄養がいきますし、目に悪い物を食べれば視力回復を妨げてしまいます。

 

目にいいものとしてよく耳にするのがブルーベリーですが、では逆に目に悪いものとは何なのでしょうか??

 

白砂糖

それはずばり「白砂糖」です。

 

白砂糖には血液を酸性化する作用があります。

 

そのためいくら目にいいカルシウムなどを積極的に摂取したとしても、それを白砂糖が邪魔してしまうのです。

 

今日では嗜好品が簡単に手に入ることから、つい甘い物を食べ過ぎてしまったりする人が少なくはありません。

 

そのため糖分の過剰摂取となりやすく、目に悪いだけではなく様々な生活習慣病の原因ともなっています。

 

様々な健康面を考えてまずは必要以上に糖分を摂取しないようにすること、また目の機能維持や視力回復のためにカルシウムを積極的にとるということを心がけましょう。