眼精疲労に効果的な成分:ルティンのチカラ|眼病予防ブログ

眼精疲労に効果的な成分:ルティンのチカラ

緑黄色野菜
ルティンとは人参やホウレンソウなどの緑黄色野菜に含まれるカロテノイドの一種です。

 

内臓や皮膚、特に目の水晶体と黄斑部に多く存在する主要なカロテノイドはルティンとゼアキサンチンであるため、水晶体と黄斑部が正常に働くために重要な働きをしているといわれています。

 

目は体の中で活性酸素の害を受けやすい器官です。

 

目を開いているといろいろな光がはいってきます。

 

紫外線
光の中の青色と紫外線は活性酸素を発生させる原因となっています。

 

目はいつも活性酸素の害にさらされていますが、ルティンは抗酸化作用の働きをもち青色を吸収するので目を活性酸素の害から守っています。

 

私たちが何かを見る時、光は角膜、前房、水晶体、硝子体を通り網膜黄斑部で光を感じています。

 

黄斑部と水晶体にはルティンが多く存在しています。

 

水晶体では青色光を吸収しフィルターの役割を果たし、黄斑部では網膜上に発生する活性酸素を無害化しています。

 

ルティンは眼病を予防する効果がありますので、目の疲れにもある程度効き目はあります。

 

アントシアニンと一緒に摂ると目の疲れには効果的だといわれています。

 

それゆえ目の疲労回復サプリにはアントシアニンを多く含むブルベリーやビルベリーが配合されています。

 

また、ルテインと似た構造を持つゼアキサンチンという成分も一緒に摂ると目にいいという研究結果があります。
参照リンク:ルテイン・ゼアキサンチン黄金配合の目にいいサプリ.com

 

 

目
また、加齢とともに体の中のルティン量は減っていきますのでサプリから補充するとある程度量の減少を緩和させます。

 

摂取したからといってすぐに目の疲れが回復するわけではありません。新陳代謝のサイクル期間の約3か月は続けたほうがいいでしょう。